神様を見たチャコさん

 

先日

近所の神社の前を通った時のこと。

 

 

 

 

チャコさんが、

「前、

 神社で神様見た」

突然言い出しました。

 

 

私はまずびっくりしたけど、

子どもって不思議な力があるから

ホンマに見たんかも知らんと思って

「え!

 神様ってどんなんやったん??」

聞いて見ました。

 

 

ほしたら

「う〜ん。。。

 なんか、

 普通のおじちゃんやったよ」

と。

 

 

「え!

 そうなん!?

 て言うか、

 神様はどこにおって何してたん?

 なんか喋ってた??」

さらに聞いてみると…

 

 

「え〜っと、

 あの中のところで

 椅子に座ってた。

 何も喋ってんかったよ。」

と。

 

 

チャコさんいわく

社(やしろ)の中に座ってたとのこと。

 

 

私は、

ここでピンと来ました。

 

 

その神様の正体が

私には分かったのです。

 

 

神様の正体

 

 

「チャコピ、

 その神様見たのって、

 もしかしてお祭りの時じゃない??」

 

 

「え?

 そうやけど?」

 

 

やっぱり。笑

 

 

「チャコピ、

 あれは神様じゃないわ。

 あっこ(社)の中で、

 椅子に座ってたおじちゃんやろ?

 あれ、

 近所のおじちゃんやで。」

 

 

「え、

 そうなん?」

 

 

「うん。

 お祭りの時、

 あっこ(社)開いてたやろ?

 多分あの奥に神様がおるから

 勝手に誰か入ったりせんように

 お見守りしてたんやと思うわ。

 ただのお当番やで。」

 

 

「な〜〜〜んや。

 チャコピあれ

 神様かと思っちゃった。。。」

ちょっと恥ずかしそうに笑ってました。

 

 

神様、

そりゃ普通のおじちゃんやわw

 

 

だって

事実近所のおじちゃんやもんw

 

 

お祭りの日、

チャコさんはあの人を見て

「神様や!」と思ってたんかと考えると

もう可愛くて可愛くて♡

 

 

子どもって

なんて純粋なんやろうと

心がホクホクになりました♡

 

 

 

コメント