想像の世界の住人天さん

 

 

チャコさん  6歳4ヶ月

天さん  4歳3ヶ月

 

 

我が家の天さんは

想像の世界の住人。

 

 

常に見えない敵と戦っているのは

以前からお話していますが…

 

他にも

至るところで想像力を爆発させています。笑

 

 

 

PR

みみちゃん

 

保育園では

引越しで転園してくる子など

年度の途中で入園してくる子が毎年いました。

 

いつも

新しいおともだちが来ると

男の子だとか女の子だとかお名前とか

いろいろ教えてくれる天さん。

 

去年の夏も(天さん3歳)

「あたらしいおともだちがきたねん」

お話してくれました。

 

聞くと

「みみちゃんっていうねん。

 おんなのこ。

 でも

 こえがちっちゃくて

 おはなしがきこえんのやってな〜〜」

と。

 

恥ずかしがり屋さんの女の子なんかな?

想像しながら

話を聞いていました。

 

数日後

担任の先生に会った時に

「新しいおともだち入ってきたんですか〜?」

って聞いたら

「え????」

完全にハテナ顔。

 

横で会話を聞いてた天さんは

恥ずかしそうに照れ笑い。

 

ここで

あ、コレはアレやな

気づきました。

 

そうです

天さんの想像ですw

 

「な〜んや

 天の想像の話やったんか。

 新しいお友達来たらいいな〜と思ったんか。」

と言うと

照れくさそうに「うん」と頷いていました。

 

こんな具合で

想像の世界と現実をごちゃ混ぜにしちゃうな天さんなのでした。

 

 

PR

本当じゃないけど嘘でもない

 

こんな具合で

想像の世界のお話を

ホントにあったかのように話してしまう時があります。

 

このまま大きくなると

お友達から「嘘つき!」なんて言われる日がくるかもしれません。

 

でも

私は天さんのこれを「嘘」とは思ってないんです。

 

「嘘」は…

何かを誤魔化すために

ありもしないことを言ったり、

人を騙そうという考えがあるもの。

 

というのが私の解釈

 

天さんには

そんな考えがあると思えません。

 

ただ

想像力の豊かさゆえ

いろんな世界が広がってしまい

現実とごっちゃになってしまうのかな?と思っています。

 

でも

「嘘」ではなくても

「本当」でもないのは確か。

 

「想像のお話をホントのことみたいに話すと

 誰かを驚かせてしまったり

 困らせてしまうこともあるかもしれないよ」

ということを

少し前からお話するようにしました。

 

まだすぐには難しいかもしれないけど

少しずつ現実と想像の世界を区別できるようになっていけばいいかな?

と思っています。

 

 

PR

〇〇だったらいいな→〇〇ってことにしちゃお♩

 

天さんの思考回路はとってもシンプル。

 

〇〇だったらいいな・・・

を、

じゃあ〇〇ってことにしちゃお♩

現実を想像でカスタマイズし始めます。

 

例えば…

ブランケットをマントみたいに背中につけようと思った時。

 

うまく付けられなくて

「おかあ〜

 これこうやって付けて〜」

私のところにやってきます。

 

天さんの要望通りセットしてあげると

「これ、

 おかあが付けたんやけど

 天が自分で付けたってことにして!

 お願い♡」

公然カスタマイズも日常茶飯事。笑

 

いつもチャコさんも

「はいはい、

 わかったわかった。」

付き合ってくれています。

 

 

PR

天さん=おもしろい

 

1〜3歳までお世話になった保育園でも

お誕生日の時など

先生からいただく言葉は

「おもしろい」

「みんなを笑わせてくれる」

「将来は芸人さん」

などなど

完全におもしろキャラだった天さん。

 

チャコさんが

保育園の先生からもらった言葉とは全然違う。

 

二人とも

それぞれ自分のカラーがあって

きょうだいなのに全然違うのが見ていておもしろいです♡

 

今後

新しい園でも

天さんがどんなキャラを発揮していくのかが楽しみ♡

 

今週、

さっそく保育参観があって

天さんの様子を観てきました。

 

元気に歌ったり

ニコニコ笑顔で

すっかり馴染んでいる様子でした。

 

先生のお話でも、

ぐいぐい来るお友達に戸惑うこともなく

はじめから馴染んでいたそうです。笑

 

担任の先生もとてもあたたかくて

クラスのみんなも可愛らしい子たちでした♡

 

お母さんたちの雰囲気も

前の保育園よりみんなフレンドリーな気がします。

 

私も仲良くなれるといいなと思います♡

 

 

 

コメント