口説かれない女、小町

 

PR

口説かれない女、小町

 

帰省からの帰宅後

姉とのLINEで・・・

 

 

そうや!

いつも思っててんけど、

幹夫さんにありがとうって言っといてな〜

A太郎と上手に関わってくれて(^^)

A太郎にとっては、

いい大人のモデルになってると思うねんな〜

ゆみ達夫婦も

いいモデルになってると思うし!

あたしらとは違う感じで仲良い夫婦やん(^^)

(A太郎=姉の息子=私の甥っ子)

 

と。

 

目標とすべき仲良し夫婦の姉から

こんな風に言われて嬉しい次第♡

 

私とはまた全然違うタイプなので

旦那さんとの関わり方もまた違うけど

付き合いが長くなっても仲が良い姉夫婦を見てると

自分たちもあんな風になりたいなといつも思っています。

 

そして

姉のところも

夫婦二人が全然違うタイプ

 

出会った時

「こんな人今まで出会ったことない」

というのが始まりだったみたい。

 

あ、

ちなみに

出会った時私も一緒やったんやけどねw

 

当時は

まだ10代でした。

 

短期のアルバイトで出会ったんやけど

姉がモテてくれたおかげで

妹の私も毎日一緒に送り迎えしてもらえて助かりましたよw

(姉は数人からアタックされていました。)

 

え、

私には?

ゼ〜ロ〜〜〜w

 

優しい姉曰く

「ゆみは可愛いけど、

 誰にでも優しいタイプじゃないから

 近寄りにくいんやと思う」

ってさw

 

可愛いって言ってくれてありがとうw

フォローありがとうw

 

そういえば

独身時代の職場でも

周りでは社内恋愛やら

お客さんから誘われたやら

それはそれは数えきれないほど聞きましたが・・・

 

そこでも私は・・・

ゼ〜ロ〜〜〜w

(2回目♡)

 

口説かれない女、

小町です♡

(てへぺろ!)

 

 

PR

狙い打つ女、小町

 

前述のとおり

口説かれない女ではありましたが

口説かれたいと思った時には

ちゃんと口説いてもらえたからええねん。

 

モテる能力はなかったけど、

でもそれは自分が欲しいものじゃなかったから別にええねん。

(ん?強がり感!?w)

 

なんてったって私・・・

これまでの人生でモテ期を感じたことがありません!!!w

(誰でも一度はあるって言うよね?)

 

なんとも思ってない人にしつこくされて困ったとか

そんな経験一度もないよw

 

でも逆に

良いなと思ってるのに相手にされないってこともなかったはず。

 

誘われたい時には

ちゃ〜んと誘ってオーラが出せてたのね。笑

 

そう

きっと私は

狙い打つ女w

 

口説かれない女改め

狙い打つ女小町です!

(どっちゃでもええわ)

 

 

PR

「違い」を愛せるかどうか

 

アメブロの過去記事にも書きましたが…

 

 

幹夫さんが言ってた話なんやけど…

 

結婚の条件は価値観の合う人っていうやつは

ホンマに違うと思うわ。

 

大事なのはそこ(価値観が合うかどうか)じゃなくて

違いいかに心地よく譲り合えるかどうか

 

ホンマこれに尽きると思います。

 

姉夫婦にせよ

うちの夫婦にせよ

結構珍しいレベルで仲が良いと思うのですが…

 

共通してるのは

違いも含めて愛してるところかな?

なんて思うんです。

 

「ありえへんやろ〜!?」

なんて言いながらも…

 

「だから面白いねん」

に行き着く。

 

「自分にはない!無理!」

なんて言いながらも…

 

「だからすごいよな」

に行き着く。

 

これって

すごく重要ポイントな気がします。

 

色んな夫婦の形があって

人それぞれ心地いい形は違ってくるもの。

 

意見が合った時に

うまくいくのは当然。

 

意見が別れた時にこそどうなるのかが

問題になってくるもの。

 

やはり

「違い」までを含めて愛せるかどうか

大きなポイントだと思います。

 

PR

相性を計るモノサシ

 

価値観や考え方が合ったり

環境が似ている人と意気投合するのは当たり前。

 

そこから始まるのが普通だし、

もちろんそれも大事なこと。

 

でも

そうではない時にどうなるのかがこそ

相性を計るモノサシになる気がします。

 

恋人や夫婦関係に限らず

友人関係でも同じ。

 

未婚・既婚、

子持ち・子なし、

インドア派・アウトドア派、

庶民・お金持ち、

バリキャリ・専業主婦、

デブ・スリム、、、(笑)

状況などが全然違っても

親しい仲が続く事もある。

 

学生時代からの友達でも

色んな環境の変化がありながらも

ずっと続く仲もあれば

いつの間にか疎遠になってしまう事もある。

 

はじまりは

「同じクラスだから」とか

「同じ職場だから」とか

何かの共通点がキッカケになりやすいもの。

 

この

共通点だけでつながっている場合は、

クラスが離れた後・職場が変わった後は

疎遠になってしまったりするんですよね。

 

でも

不思議とずっと続く仲もある。

 

それはやっぱり

相手の条件(同じクラス・職場など)ではなくて

何か本質的な部分が好きだからなんだなと思います。

 

 

PR

私のどこが好き?

 

世の男性陣にうざがられるこの質問。

 

「私のどこが好き?」

 

これ

言ったことないっていう女子は

なかなか居ないんじゃないでしょうか?

 

かく言う私も

これまで何回も言ったことありますよw

 

もちろん

幹夫さんにも何回も聞いたことありますw

 

いつも

付き合ってくれてた優しい幹夫さんですが

ある日言われました。

 

「その質問、

 ちょっと本気で答えて良い?」

と。

(え、これまでは本気じゃなかったんw)

 

聞いてみると

「どこが好きって言われたら全部や。

君自体が好き。

具体的にどことかない。

仮に“顔”やとして

じゃあ顔が変わったら好きじゃなくなるん?

ちゃうやろ?

好きの理由に条件つける方がおかしいやん。

子供を愛する理由に

“顔が可愛いから”とか

“〇〇やから”とか

そんなんおかしいやろ?

愛してるから愛してるねん。

理由なんかない。」

って。

 

それから

「え、

 真面目に答え過ぎた?w」

幹夫さん。笑

 

実はこれを言われる前に

「逆に

 小町は僕のどこが好きなん?」

って聞かれて

あれこれ答えた自分がなんだか恥ずかしくなりましたよw

 

幹夫さんの言う通り、

「好き」の気持ちに理由なんてなくて

どこからともなく溢れ出てくるものやなと思いました。

 

改めて考えてみても・・・

 

幹夫さんが大好きなゴルフには

私は全く興味がないし…

 

毎日毎日お酒が飲みたい気持ちも

私は全く共感できんし…

 

いつでも仕事のことを考えてる脳みそも

私とは全然違うと思うし…

 

生き方も

考え方も

人との関わり方も

私とは違う事ばっかり。

 

でも

なんでか知らんけど

幹夫さんのことが大好きやな〜。

 

 

 

コメント